子どもにとっての小学校受験のメリット

子どもに小学校受験をさせようと考えている方は少なくないはずです。公立の小学校に通う選択もありますが、私立の方が子供の将来のためには間違いなくプラスだと言うことができます。ただ、私立なので学費はかなりかかってしまうことを覚悟する必要があります。小学校から大学まで全て私立だった場合は少なくとも数千万円は考えなければいけません。小学校受験をさせることは良いのですが、それだけの学費を払い続けることができるかを考えた上で決めてください。もちろん、学費だけでなく、塾やスポーツクラブにかかる費用など他にも多くのお金が必要になってしまいます。また、仲の良い友人と同じ学校に通えなくなってしまいます。仲の良い友人と離れてしまうので、その点のケアも親はしっかり行ってください。

レベルの高い教育を受けさせることができる

小学校受験のメリットはやはりレベルの高い教育を子どもに受けされられる点になります。公立の学校では勉強できる子だけではなく、勉強についていけない子もいます。そういう子にもできるだけ配慮しながら授業をしなければいけないのが公立の特徴になっています。一方、私立は一定のレベルに達している子しかいないので、小学校の時期からレベルの高い授業が受けられるので、同年代の子に差を付けることができます。また、科目ごとに優秀な先生が教えてくれる点もメリットとなっています。小学生でも理解できるように教えてくれるので、かなり学習効果が高いと評価できます。英語教育に力を入れている学校など、それぞれの学校に特徴があるので、自分の子どもにどうなって欲しいかを考えて選んでください。

無理やり受験対策をさせるのはナンセンス

小学校受験を行う場合は対策をしなければいけませんが、厳しく教えたり、無理やり対策をさせるのは避けてください。子どもの将来のために厳しくする考えは理解できますが、まだ5~6歳の子であることを理解しなければいけません。中学受験や高校受験とは異なり、小学校受験対策は遊びの延長で学ばせるのがベストです。厳しく学ばされたことがトラウマになってしまい、大きくなった時に全く勉強しなくなってしまったケースがあります。問題が難しくなってくる中学生以降に勉強しなくなっては問題なので、どう対策したらいいかを慎重に決めてください。さらに、受験に失敗してしまった場合の対応も重要です。また中学受験で頑張ろうと切り替えさせることが大事です。決して子どもを傷つける言動は取らないようにしてください。