気になる小学校受験について解説します

近年、小学校受験を目指して頑張る親子が増えてきています。ひと昔前までは小学校受験と言えば、いわゆる一握りのお金持ちやセレブの家庭の子供だけがするものだというイメージがありました。しかし最近ではごくごく普通の一般市民であっても、小学校から良い学校へ行こうとする場合が増えてきています。それには色々な理由がありますが、やはり小学校から良い学校へ行くことで周りと差をつけ、最終的に良い大学へ行って良い会社に行きたいというのが、最も強い理由であることに間違いはないでしょう。ところで一口に小学校受験と言っても、どのような準備をしてどのような心構えでいれば良いのでしょうか。そこで気になる小学校受験について、親子の目線からしっかりと解説をしていきます。

小学校受験の鍵は何といっても情報収集にあり

極端な話にも聞こえますが、本気で自分の子供を一流の私立小学校に入れようと思っている家庭の場合、赤ちゃんの頃から情報収集に走り回ります。つまり受験をするつもりのない普通の家庭の場合、一般的には赤ちゃんや子供を普通の保育園や幼稚園に入れたりします。しかし小学校受験を本気で考えている人の場合、赤ちゃんの頃から英才教育やリトミックや英会話を取り入れている個人経営の保育所に行ったりしているのです。そういった施設に通うことのメリットはより小さな頃から勉強に対する抵抗をなくす為というのも理由の一つに挙げられますが、一番のメリットは小学校受験関連の役立つ情報収集が出来るという点です。というのもそのような施設に行かせていると、どうしても教育熱心なママ友が多く出来ますので、そういった小学校受験関連の情報も自然と入手しやすくなるというメリットがあるのです。

子供目線で小学校受験を考えることも時には大切

しかしどんなに親が躍起になっていても、結局のところ小学校受験をするのは子供であることに他なりません。肝心の子供にやる気がなければ、親がどんなに頑張ったとしても、その努力は水の泡になってしまうだけなのです。そのようにならないようにする為にも、普段から子供に勉強の楽しさや素晴らしさについて、しっかりと説いておくことが大切になってきます。それから子供によってはどんなに塾等に通わさせられたとしても、やはり勉強やお受験よりも友達と楽しく無邪気に遊んでいた方が良いという子供もいるでしょう。そのような考えを持つ子供に対しては、あえて無理やりに小学校受験を押し付けない方が良いでしょう。子供といっても親とは全く違った人格を持つ、立派な個人です。最終的な子供の意見を尊重するようにしましょう。

一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 小学校受験のことならご相談ください